非定型うつ病は精神療法で治そう|健康なメンタルに戻すお手伝い

ストレスが強いから

悩む女性

従来のうつ病に当たらない

うつ病が年々多くなってきています。その背景にはストレス社会の中で生きていかなければならないということがあげられています。いちいちあげていけばきりがないくらいに、我々はストレスに直面をしています。うつ病というと今までは気分が晴れずすべてのことに意欲を失ってしまい、気分が重苦しくなっていく病気ととらえられてきました。上の症状は低型のうつ病に当てはまる症状ですが、現在はうつ病の中にもこの定型に当てはまらないうつ病があると確認されるようになりました。これらのうつ病を非定型うつ病と呼んでおり定型のうつ病とも治療方法は異なっています。定型のうつ病では気分が落ち込んだままになりますが、非定型うつ病になると度を越したような気分の上り下がりが見られます。定形のうつ病では興味や関心というものがなくなり楽しみを感じることができなくなってしまいますが、非定型うつ病の場合は自分にとってうれしいことや楽しいことがあると、気分が晴れすっきりとすることが特徴です。非定型うつ病には定形のうつ病と真反対の症状が出てくることが多くなっています。うつ病にも定形と非定形があることをよく理解して治療にあたっていくことが大切になってきます。

精神療法も大切

非定型うつ病の治療の中心になるのは薬物療法になります。非定型うつ病は脳の中にある神経伝達物質の動きが弱まってバランスを欠いていると思われています。外部から薬品の投与によって、伝達物質の改善を行っていく方法が薬物療法になります。抗うつ薬や抗不安薬、感情調整薬などを組み合わせて投与して治療を行っていきます。それぞれの薬には副作用もありますので医師の指示に従って正しく服用することが重要になってきます。精神療法も非定型うつ病の治療には有効な手段となっています。この病気にかかる人は感情が過敏になっていて、人との関係に悩みやすくなっています。このことが病気のおおもとになっていることが多く治療を行う医師は、カウンセリングによってこれらの人間関係を解きほぐしていきます。多くの人がカウンセリングによる精神療法を行い、この治療が終わったころには人間関係に信頼感が持てたり安心感を持つことができ、生きていく喜びが出てきて病気の経過にも良い効果を与えています。またこの病気は家族が病気を理解するということも重要なことで、多くの病院ではまず家族に対してこの病気の原因や治療の方法、家族が患者にどういう対応をしていけばよいかなど説明が行われています。

最近若い世代に多いうつ病

看護師

従来の定型うつ病とは違って非定型うつ病ではうつ病らしい自覚症状がないために、治療が行えずに慢性化する事が多いとされる事が分かります。近年増え続けているため、定型うつ病と非定型うつ病の症状を理解した上で治療を行いたいものです。

» 詳細

新しいうつ病の紹介

女医

非定型うつ病の特徴は従来型のうつ病と違い、好きなことはできるが、嫌いなことはできないといった症状が特徴です。このような特徴から、ただの甘えだと思われがちなので、周りの人に理解してもらうことが大切です。治療としては、少し頑張るようにサポートすることが必要です。

» 詳細

新型うつ病とは

男性

非定型うつ病の治療は生活習慣の改善が基本となります。睡眠時間は7時間がベストであり、23時前後には就寝し6時に起床して朝日を浴びることで体内時計、生活リズムが正常化され、非定型うつ病の治療として大変効果的とされています。さらに早朝のウォーキングなどの、適度な運動も非定型うつ病の改善に効果があります。

» 詳細

うつ病の改善法

相談

非定型うつ病を改善するために役立つ治療が、認知行動療法などの精神療法です。非定型うつ病は精神療法の効果が出やすく、薬に頼るよりも速やかな改善が期待出来ます。最近では行動から心理状態を変えていく新しいスタイルの精神療法が、試みられるようになっている状況です。

» 詳細